カテゴリ:TECHNO



感想  「echo chamber」
EXHIBITION · 11-21-2022
「echo chamber」というタイトルのグループ展をEUKARYOTEさんで観てきました。エコーチェンバー現象とは、SNSなどが活用しているAIによって、自分と似た意見や自分の嗜好に沿った情報が偏ってもたらされることにより、まるで自分の意見や思想が不特定多数から賛同や共感を得ていると錯覚し、その意見や思想が増幅してしまう現象のことを言います。小部屋 (チェンバー) の中で音が反響 (エコー) し増幅して聞こえる物理現象に例えて命名されています。

感想  “Vectored Goth”
EXHIBITION · 11-18-2022
Ritsuki Fujisaki Galleryさんで小谷くるみさん、山本和真さん、山本捷平さん、Taka Konoさんによるグループ展 “Vectored Goth” を鑑賞してきました。

感想  西村昂祐 個展「Transform」
EXHIBITION · 11-17-2022
西村昂祐さんは1999年生まれ、大阪教育大学芸術表現専攻卒業、2022年より東京藝術大学大学院油画第六研究室。デカルコマニーという手法を用いて、大衆に知られているイメージが変形していくさまを、絵の具の物質感を伴って表現しています。

感想  ヘルミッペ 個展「Mix Cell」
EXHIBITION · 10-20-2022
ほぼちょうど一年前、ヘルミッペさんと仲田慎吾さんの 2人展「LOCUS ── 位置、点、軌跡 」を亀戸アートセンターさんで拝見しました。今回、同じく亀戸アートセンターさんにてヘルミッペさんの個展が開催されているということで伺ってきました。

感想  hin solo exhibition “inner jewel”
EXHIBITION · 10-16-2022
昨年 (2021年) の展覧会「Deep Paper」に続き、hinさんの展覧会に伺ってきました。昨年の雰囲気とはまた変わって、とても明るい印象を受けました。

感想 光藤雄介 個展「行間」
EXHIBITION · 10-10-2022
光藤雄介さんは1982年生まれ、多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。数々の個展やグループ展で作品を発表されています。プロフィールを拝見して、2020年12月12日(土) から2021年5月29日(土)まで、都内某所で開催されていた「FACE UP」というグループ展に参加されていたことに反応してしまいました。

感想  安齋茉由 個展「free park」
EXHIBITION · 09-17-2022
今回のレビューは画像少なめです。「前情報なしに作品そのものや展示の構成を楽しんで観てほしい」というGallery Aさんのご要望があり、その素敵な考えを尊重したいと思った結果です。当サイトは、どちらかと言うと自由にゲリラっぽくお邪魔しては勝手にレビューしている現状ですが、ギャラリーの方にはお声かけをしているのでそのようなご要望があれば何なりとお申し付けください。そして、実際に展示を観に行かれる方が増えたら嬉しいなと思います。

感想  品川はるな 吉岡寛晃 二人展「New Look of the paintings by Haruna Shinagawa and Hiroaki Yoshioka」
EXHIBITION · 09-09-2022
現時点のAI には描けないだろうな、というペインティングを観ました。 品川はるなさんは1995年生まれ、東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業。予めマスキングを施しておいた画面に絵の具を塗り、任意の位置まで引き剥がすという手法で作品を制作されています。 吉岡寛晃さんは1993年生まれ、京都造形芸術大学 (現:京都芸術大学) 芸術研究科芸術専攻ペインティング領域修了。キャンバス生地から型取ったシリコン型にペインティングをして得られた「キャンバスの複製」をパネルに貼り付けるという手法で作品を制作されています。 画像を見たほうがよく分かるかも知れません。

感想  新正春 個展「肌が触れ合う際に発生する斥力について」
EXHIBITION · 09-05-2022
新正春さんは1996年生まれ。京都芸術⼤学⼤学院修⼠課程美術⼯芸領域油画分野修了。本展は、2021年の11月にPAGIC Galleryさんで開催された個展「肌が触れ合う際に発生する斥力について」に続き、自身の作品の「可愛さ」の部分を意識的に打ち出した個展です。新さんは、2021年12月29日 - 2022年1月12日に銀座蔦屋書店で開催された企画展「Up_02」にて発表されたような、金や銀などメタリックなカラーを基調とした、「かっこいい」感じを受ける作風でも知られています。この印象の振れ幅も魅力的です。

感想  内山聡 個展「WORKS」
EXHIBITION · 08-09-2022
内山聡さんは1978年生まれ、多摩美術大学大学院美術研究科修了。テクノロジーの進化によりもたらされる身体の変化を追求した作品制作をされています。2009年より発表された「It’s growing up」は、毎日の日課として紙テープを淡々と巻き付けていくという作品で、日々の作業時間も規定せず、体調によっては作業しない場合もあり、全10色の紙テープの順番はランダムに決めるという、作家の恣意的要素を極力削ぎ落として制作された作品です。本展「WORKS」では、2015年から2016年の年をまたいで3ヶ月ほどかけて制作された600本の紙テープによる「It’s growing up」と、亀戸アートセンターの会場に合わせて制作された600本の紙テープによる「to turn back」をメインとした展示です。

さらに表示する